読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ターゲットNo,12〜水族館編

ターゲット

f:id:tyonbo7:20160829204852j:plain

いよいよ3回目のアポになります。ここで決めに行きたいと思っているのですが、向こうがどうも恋愛対象とは見ていない気がするので、何とか意識されて行きたいと考えています。

前回のアポはこちら

datsudoutei.hatenablog.com

 事前LINE編

まずは誘う前に軽く仕事の話を振ってみつつ忙しいかの確認。そしたら、向こうから日曜が空いてると報告が

これは思ってもみないアクション。日曜日に会うことが決定しました。

ここで問題が 

当日は外で色々する予定だったのですが、天気予報では雨。というより台風が接近しつつある状態。最悪食事だけでもと考えたら室内で楽しめる場所をお願いされました。

ここで向こうから提案が「水族館に行きたい」のこと

とりあえず向こうの家から近そうな八景島シーパラダイスを提案したら江ノ島水族館を選択肢に盛り込んできます。向こうから提案されたなら断る理由もなくOKしつつ理由を聞いてみると

「私(このブログの主)からだと江ノ島が行きやすそうだったので(^ ^)」

ほぼ原文そのまま

やはりあなたは神ですか

優しさに涙しつつ江ノ島に行くことが決定

 当日合流前

 事前に今回のアプローチ方法をイメージトレーニングし、家を出発。今回は勝負に出る気満々だった為身だしなみ等も完璧

この日でこの女性との関係が決まっていくと当時は思っていました。

駅の乗り換えの関係上どうしても少し集合場所の駅に早く着いてしまう為、着いてからもトイレの鏡で髪型の確認

スマートフォンをチェックし着いたどうかの確認をします。無事向こうも着いたようなので、いざ合流

合流後迷子編

合流して 江ノ電を待っているときに「今日は8時から美容院に行って〜」と言われ焦る私

大抵の髪の変化には気付くはずなのですが、まさかの見落とし

やっちまいました・・

「確かに髪が短くなってるね〜」と髪についての話題に触れたのですが時すでに遅し

序盤から凹みながら電車に乗ることに。途中外人に子供にズボンをけられ続けるといアクシデントもありつつ江ノ島駅に到着。

女性の方が何度かここから1人で歩いたことがあると行っていたので、着いていくことに

休日なので道が混んでいますが女性の方は身長が低い為人ごみもスイスイ潜り抜けていく。私は頑張って後を追う感じです。

案内についていったら児玉神社に着きました。

f:id:tyonbo7:20160831193543j:plain

この後はちゃんと地図で調べ水族館へ無事に着きました。 

水族館編

 チケットを購入し、いざ水族館内へ

なんで水族館に行きたかったのか理由を聞いてみたら

「先週、上司と2人で行ったけど全然楽しくなかった」

らしいです。オッサンと2人で水族館は確かに楽しくない。ましては会社の上司だと気を使わなくてはならないので苦労するはずです。

上司がとある魚に似ているらしく、魚を見ながら心の中で『にてるなー』と思いながら水族館を回ったそうで

ペンギンやイルカショーを見たら雨が強くなってしまった為、移動することに

食事編

色々お店がありそうな場所を探しましたが気が付いたら横浜駅に到着。向こうは自分からお酒を飲むことがまずないのでおしゃれな和食のお店へ

お互い食べたいものを言わずに店員さんに注文をとったら丸かぶり。中々珍しいことです。基本的に偏食の私と同じものを食べる人はあまりいないので少し感激

ここでも相変わらず面白いトーク。色々話を聞き今後の仕事のスケジュールを聞き出すことは成功。次に誘うタイミングがわかっただけでも良しとしましょう。

このままいても進展はなさそうだったので解散 

まとめ&反省

自分がなぜ踏み込めないのか考えてみました

①女性の話が面白い

これはお相手の仕事や私生活が濃密すぎて面白んです。完全に向こうのペースで物事が進んでいき、中々主導権を掴めない状況です。

当然良いムードなんて起きず常に楽しく笑っている状態です。何とかして場の雰囲気を変えていきたいのですが、向こうの話が上手くて私の技量が追いついていません。

②パーソナルスペースに入り込む隙がない 

 基本的に歩くのが早く身長が小さいため人ごみの中でもスイスイ進めるので前に行ってしまうことが多状況です。

また、隣で歩く状態でも私がいる方に必ずスマートフォンを握りしめている状況で絶対にフリーになることがありません。歩いている途中場所が入れ替わってもすぐにスマートフォンも持ち替えるので機会がありませんでした。

 

現在、読者の方を募集しております。このブログを読んで面白いと感じてくれた方、気に入って頂いた方、応援してくださる方は下のボタンを押してもらえると嬉しいです

ーーーーーーーーー

ーーーーーーーーー