読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ターゲットNo,12~花火大会編

ターゲット

f:id:tyonbo7:20160807134342j:plain

初めて2回目のアポイントが成功しました。過去に1回で終わってしまう状況で会った中、ここまでたどり着けたことがまず大きな1歩だと思います。

1回目の話はこちら

datsudoutei.hatenablog.com

何より今回は2人で花火大会。恋人が出来たら行ってみた場所の1つが花火大会だったのですが、付き合う前にましては会ってから2回目(街コンの会場を入れると3回目ですが)1つの目標は達成することが出来ました。

食事解散後から花火大会前日まで

 初めて2人で食事をした後数日が経ちました。休日に山に登ると話してくれたネタを元にLINEで質問を投げかけてみました。

相変わらず返信は遅めですが、以前よりは早くなっていました。以前は2日に1回返信がくれば良い方だったのですが、現在は1日1通まで返信スピードを上げることに成功。

これは食事での印象は悪くないっと感じ取れます。

 

登山の話を降りつつタイミングを見計らい「前回話した花火大会を一緒にいきませんか?」と送るとOKの返信が返ってきてアポイント成功

こちらとしてはガッツポーズ

f:id:tyonbo7:20160807203244j:plain

なんと女性2人と花火デートこれは燃えます。食事の時に「浴衣を着たい」と軽く言っていたので浴衣姿を観れる可能性も

 

 当日から集合まで

11時に起床。

今回の花火大会の場所と時間を確認し、周辺地図をPCで調べ印刷。会場はもの凄く混むらしく穴場スポットをマークしていくためです。

また同時にラブホの場所もマーキングして帰りのルートで通る作戦でした。

ですが、近くにや帰り道にラブホが全くない・・・・・

花火大会の後といったら以前テレビで見たのですが

「儚いため子孫を残したくなる」

という情報が頭の中に残っていました。

www.nikkan-gendai.com

 

ここにも書いてあるように花火大会はチャンスがある。今度こそ童貞を卒業か!?

と期待を膨らましていたのですが、ラブホが近くになく残念

 

ここで諦めるわけにはいけません。何故なら向こうは1人暮らしなのです。家まで行けば、チャンスがありそのためにコンドームを準備してました。

 

場所を調べ、時間になったので前回同様、ギャツビー アイスデオドラントで事前に体を拭いて汗をなるべく出さないようにします。そして万が一を備え香水をつけていざ出陣

今回は持ち物にMacBookはありません。流石に今回はドタキャンはないはずですし、1度会っているので大丈夫なはずです。そのため荷物は以前と比べ軽い

コンドームはちゃんと直前まであるか確認しておきました。

 

 

電車で花火大会の最寄駅ではなくお互いがぶつかる駅で集合だったのですが、やはり浴衣を着ている人が多い。電車の中が浴衣を着ている人たちが多くて、休日の電車とは思えない人の量でした。なんとか途中で降り集合場所で待っていると1通のLINEが

「各駅と急行を間違えたから遅れます」

どうやった間違えるんですかね・・・・

しばし喫煙所で待機しつつ時間になったので口の臭いを消しつつ駅の前で待っていました。そして登場

 

場所探しから花火開始まで

浴衣じゃない

普通の私服で来ました。少しがっかりしながら同時に花火大会で私服で来るということは脱がされた後に着ることが簡単であるということ。これはますますチャンスがあります。

集合場所から少し電車で移動するため、駅のホームで電車が来るのを待ちます。向こうが「飲み物が欲しい」とのことで電車内のコンビニへ寄り道

私も自分の飲み物を買おうとしたら

「遅れたので私が払います」

といって強引におごられました。なんて良い子なんだ。こんな活動をしている自分に対して申し訳ないです。

 

それでも電車が来なかったので少し雑談。私がこの人ために地図を作ってきたと見せたら向こうはなんと

「一応レジャーシート持ってきたけど使うかな?」

と女子力の高さを見せてもらいました。

 

電車に乗り最寄駅に着きました。目的地まで少し歩くので一通りが多い出店を進みながら目的地まで向かいます。

歩いている途中に浴衣姿のカップルが多くいたので敬語で話しているのが少し恥ずかしくなり私の方から

「敬語で話すのは辞めませんか?」

と言ってみました。

「このタイミングで!?」

と驚かれましたが、何とかお互いタメ口にしようってことで合意。中々ぎこちないながらもタメ口で目的地へたどり着きました。

花火中

f:id:tyonbo7:20160809204657j:plain

少し開始時間には遅れてしまいましたが、まだ序盤。座って見えそうな場所を探してレジャーシートを広げ花火を見はじめました。一応1万発以上の大きな花火大会であり、1時間以上は距離が近い状態で楽しむことができます。

私はどうやってお相手の手に触れていこうかと機会を伺っていましたが、体躯座りなどで自分の両手を握っており全く機会がありませんでした。

それでも今までよりも近くで接しているのでまぁ何とか・・・・

 

花火が打ちあがっている途中で突然

「そういえば、名前知らないんだけど。LINEではフルネームではないし」

と向こうから個人情報の質問。これは向こうが私に多少なりとも興味があるということ、名前を教えようと思ったらなぜか向こうが「当てたい」とのことでクイズ形式

結局当てることはできませんでした

今度はこちらが漢字フルネームをLINE上で書いてあるため「なんて呼べばいい?」

と質問すると

「◯◯って呼んで

と下の名前で呼んでいいことを許可されました。このやり取りは心の距離が縮まった一歩だと考えています。

このようなやり取りを行いつつ花火を楽しみあっという間に時間が過ぎて最後の打ち上げ花火が来てしまいました。

 

唯一のボディタッチは座っている時にお相手が前屈を始めたので背中を押した1回きりです。当初の目標の手を繋ぐことはできませんでした。

終了後し散歩から食事し解散

散歩編

 最寄駅は例年混んでいるとの情報があったので一駅先まで歩くことにしました。お互い散歩は好きだったので、まだ挽回できるチャンスです。

雑談をしながら歩いていたのですが問題が

・女性の方がソコソコ歩くスピードが早かった

・思った以上に駅まで遠くて完全に疲れてしまった

・隣駅まで歩く人が多かったので人気の少ない道が全くなかった

この3つがありました

 

歩くスピードはソコソコと書きましたが、普通に早いです。こちらが少し早歩きぐらいのペースでした。ついていくのがやっとで考える時間が与えられませんでした。

 

次に駅までが遠く上記に書いた歩くスピードも相まってこちらは完全にダウン

事前に考えていたプランは完全に忘れ去られ、無抵抗状態。おまけに向こうはガンガン話すタイプなので防戦一方でこちらのペースに持ち込むことはできませんでした。

 

最後にみんな考えることが同じであり、団体で帰るような感じです。周りに人もたくさんいる状態なので、思い切った行動に出られず

中々上手くいかないものですね

 

食事編

とりあえす駅まで到着し、お腹が空いたので近くのレストランで食事。ここで何とか次のアポイントを取ろうと考えた結果、ちょうど今いる駅に映画館があるので、映画ネタを振ってみることに

 

ですが映画は好きで見たりするのですが、基本的にレイトショーに見るらしく、もう見る日時も決めているらしいです。完全にやられました。

 

結局次のアポを取れずに解散。

 

まとめ&反省

今回はあからさまな恋人同士のデートである花火大会に行くことができました。このイベントに2人で行くことができたことすら自分の中では成功としたいのですが、目標だった手を繋ぐことは叶いませんでした。

 

このタイミングだけはどうしても自分自身も躊躇してしまい、数少ないチャンスを逃す結果になります。今後これ以上のチャンスはほぼ無いような気がしますので今思うと本当に後悔しかありません。

 

また、別れ際にしっかりと先ほど呼んでいいと言われた名前を言うべきだったことも反省点です。

次のアポイントはありませんが、何とか次に繋げて名前を呼ぶ努力をしていきます。 

 

現在、読者の方を募集しております。このブログを読んで面白いと感じてくれた方、気に入って頂いた方、応援してくださる方は下のボタンを押してもらえると嬉しいです

ーーーーーーーーー

ーーーーーーーーー