読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ターゲット・No,11〜1次面接編

ターゲット

f:id:tyonbo7:20170115210152j:plain

今回のお相手もペアーズになります。

Pairsメッセージ記録〜No,14 - 25歳~脱童貞への道のり

既にプランは決まっているので無駄な心配はなく今までと比べて気持ちが楽です。

平日の仕事終わりに会うためあまり長くは入られませんが、上手く切り込んでいきたいと思います。

 スペック

体型=普通

Facebook=50人以上

戦闘力=50前後

 

何というかThe普通な人なのかな?偏差値48がよく似合う感じの人です。

メッセージが毎回丁寧なので続けたようなものです

 

 当日からご対面まで

仕事の合間にダーツができる場所を調べました。中々良い場所が見つからなくゲームセンターかネットカフェの2択しかありません。取り合いずどちらも地図で場所を調べておきました。

仕事が終わり集合場所へ向かいます。今回は店選びは相手任せな為、気が楽です。電車の中でペアーズで別の女性へアポ取りをしつつ目的の駅にたどり着きました。

 

20時集合なのですが、19時半には着いた為、ダーツの店までの道のりを予習しに歩いていたのですが、店の近くはキャバクラの近くらしくキャッチに声をかけらることが多く、結局よくわからず退散しました。

 

5分前から集合場所で待っていると「どの辺りにいますか?」とメッセージが来たので今いる場所を送ると1人の女性が現れました。

 

食事編

ご対面した感想は顔が大きい?なんか大きかったです。そして声はイメージと違って低め、胸はCカップ位ですかね。結構体のラインがわかる服装でした。

 

軽く挨拶を済ませて、付いて行く形で店へ移動しました。お店へ行くまででだいぶ姉御肌気質の感じが漂いました。

店に着いてからもドンドン率先して注文していき完全に気持ちが負けています。会話の主導権も相手側の状態でこちらからは中々切り出すことはできません。

さらには「人見知りでしょ」と言われる始末

 

写真のイメージとのギャップに心を調整していくのに苦労しました。

ここまで来るとこちらも次はないなっと感じ、ヤケクソになって仕事の話から職場恋愛等の出会いの話を振り続けてみました。

 

職場恋愛=人数が少ないのでそのようなことはない。そもそも気まずくなるので嫌だ

学生恋愛=女性がものすごく多い大学だったので男性が少ない

バイト先=おばちゃんの職場の為

 

ならどこで出会いとかあったのかと聞くと上手く交わされました。

ならペアーズであった人はいたか?と問いには

1人はあったけどいい人そうだったけどなんか違った

 

そして

恋に恋してることは嫌。本当にいい人がいればいいけど、なんとなくで付き合うのはしたくない

と宣言され微かな望みは絶たれました

 

 

こちらも話すネタがなくなり、今は仕事が暇すぎて会社のパソコンで足つぼと手相に付いて調べていたっという話をするとお相手も手を広げて見せてきました。

私はこのタイミングを見逃さず手のひらを触ったり、指が細かったので指を触れたり思わぬところでスキンシップを取ることができました。

意外と時間が経っていたのでお会計を済ませて店を出ました。

 

 

ダーツ編

まず最初にゲームセンターの方に向かいましたが、混んでいてネットカフェの方に移動

 

店の中が思った以上に汚くその部分に関しては申し訳なかったです。向こうは初めてだったらしくルールを説明して、いざスタート

 

次はないと思っていたのでボコボコにしてやりました。それでも女性の投げている後ろ姿は良いもんですね。投げているときにソファーに座っていたのですが丁度スカートから太ももが見える感じが堪らないです。

今思ったのですが、膝くらいの長さのスカートを履いてきた女性は初めての気がします。今回はその辺りは楽しむことが出来ました。

 

1時間くらいで店を出て帰ることにしました。帰る途中にネットカフェからのネタで「漫画は読みますか」と尋ねたら職業柄読むらしいです。

でしたら、今度一緒にいきましょうっと言って適当に解散しました。

 

 

かかった費用

食事代=3500円

ダーツ代=1000円

 

まとめ

今回は終始主導権を握られっぱなしで圧倒された感じでした。恋愛に関しても相手にされなさそうであった為、今回の収穫は手相ネタでスキンシップが取れるっということだけでした。

完全敗北です・・・・・

 

現在、読者の方を募集しております。このブログを読んで面白いと感じてくれた方、気に入って頂いた方、応援してくださる方は下のボタンを押してもらえると嬉しいです

ーーーーーーーーー

ーーーーーーーーー