読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ターゲットNo,12〜紅葉編

f:id:tyonbo7:20161201215205j:plain

前回の記事でこの女性とは関係を切ると書いたのですが今回もお出かけすることになりました。

その時の記事はこちら

datsudoutei.hatenablog.com

今回は最近の事情もあり再び会うことにしました

 わざわざ会おうと思った理由は?

簡単に言うと11月が惨敗で終わったからです。

街コンに関しては2次会まで行ったにも関わらず途中から返信が来ず、ペアーズに関してもマッチングはしても返信が来ない。

仮に返信が来ても今迄通り食事に誘う流れから誘った瞬間に返信が来ない状態が続いてので精神的に参っていました。

その時のやはり心の支えであるような存在に約1ヶ月ぶりにLINEを送ったところ見事に返信が来たので『もうこの人しかいない』と思うようになりました。

そのため今回は再びお出かけをしてこちらの思いを伝えることができればっと思っています。

 

当日から合流前

午前9時過ぎに目は開けましたが全然ベッドから起きられません。スマートを見ながらゆっくり体を起こしていたら10時になっていました。その後急いで準備を始めて11時に家を出発

先に集合場所の駅に着き、喫煙所で1本吸っていたらもう着いているのことだったので急いでブレスケアを食べて今回のお相手が待っているところへ行きます。

喫煙所から意外と離れているところにいるらしく時間がかかってしまいましたがなんとか合流に成功

合流後からランチ編

合流し、まずはお昼をどうするかの問題に。向こうが今回のルートを決めていたので食べる店を決めていたと思っていたのですが全然決めていなかったようです。

結局1日乗車券を買って適当に電車を降りながらお店を探すことにしました。

電車に乗りつつ色々お互いに調べながら途中下車。駅近くのマップにお店情報が載っていたのでそのマップを元にお店を探します。

良い感じの定食屋があったのでそこに入ることに。

いつも通りに会話はスムーズで一緒にいても安心します。また向こうから恋人関係の話を振ってくるのでこれは向こうもクリスマスを少し意識している?と思わせる内容となりました。

因みにお昼の定食は量が多く食べきるのに大変でした

ランチ後から紅葉編

ランチ後電車を待っている時にお相手が手帳を取り出し12月の予定を語りだしたので横からこっそり見ました。そこにクリスマスの予定は書いていなかったので更にチャンスが広がります。

電車に乗り目的地の最寄駅に着きました。そここから30分以上歩くらしくゆっくり歩きながら目的についたのですが、入り口は見事に葉っぱが落ちていました。

その先にも紅葉スポットがあるらしいので階段をたくさん登り頂上付近まで到達。頂上付近は中々綺麗でした。流石に多くの階段を上ったので疲れてしまいベンチでしばし休憩

その後下り別の駅を目指しながら再び30分以上歩きました。

 

夕食編から解散編

夕食編をとることにしました。今回は相手の好きなお酒が飲めるお店を事前に調査していたのでそこへ誘いいざ店内へ

お隣さんが初対面の面接をしていました。その会話の中身が結構聞こえきて女性の方が付き合っとことないっと男性に向かって話していました。

その会話を聞いた我々はそれぞれ違う考えでした。私は「私と同じですね」っと心の中で思っていました。

今回のお相手の方は実際に言葉に出して「ありえない。大学にいたら自然にできるでしょ?」っと私に行ってきました。

私は頷きながら「目の前にできずに童貞の男がいますが」っと心の中で突っ込みを入れていました

その後雑談をしながら時間が過ぎ、お店を出ることに駅を向かう途中に思い切って告白

流石に先ほど手帳もこっそり確認できたし合計5回も会ってくれてるので大丈夫だろっと思ったのですが、ダメでした

理由は今は恋人がいらないでした

これは女性からしたら建前で本音は私は恋愛対象ではないっということ。終了しました。約6ヶ月間の戦いが完全に終了した瞬間でした。

最後に手を振って解散して顔を見ることはしませんでした

 

かかった費用

昼食=1500円

夕食=4000円

合計=5500円

 

まとめ

完全に終了しました。今迄みたいにもやもやした気持ちが残るのではなく向こうが断る形である意味でスッキリしています。

ただこれだけ会うのではなくもう少し前に切って欲しかったです。

この先なのですが心のどこかで保険として残っていたこの女性がなくなった為、再出発という形になります。現時点で12月である為今年中に卒業できませんが来年の足掛かりとして一つ課題を見つけることが出来ましたのでまた頑張って行きたいと思います。

 

追伸〜

今回は早く気持ちを切り替えるために終わった帰宅した瞬間に書き始めました。次の日に伸ばしていたら記憶を思い出すたびにメンタルがやられそうなので早めに片ずけました

 

現在、読者の方を募集しております。このブログを読んで面白いと感じてくれた方、気に入って頂いた方、応援してくださる方は下のボタンを押してもらえると嬉しいです

ーーーーーーーーー

ーーーーーーーーー