読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

街コン考察〜ペアーズと比較して上手くいかない理由を考える

考察

f:id:tyonbo7:20161014230552j:plain

ペアーズではおかげさまで何人かの女性と出会うことはできましたが、街コンの方は全く上手くいきません。

今回はペアーズと比較して何がいけないのか&対策を考えていきたいと思います。

 ①相手も何かしらこちらに好意がある

ペアーズの場合

まずマッチングしないとメッセージのやり取りがスタートしません。そのマッチングはこちらから「いいね」を押した場合、女性側も何かしら良い点(顔や共通の趣味等)がある場合が多く会うまでにそこまで苦労しないことがわかります。

 

街コンの場合

女性側に好意があるのかわからないのでLINE交換した後に既読スルーやブロックされることが多いです。そのため2人であるのが非常に困難です。

 

②女性の人気度がわかる

ペアーズの場合

「いいね数」があるのでどの程度人気であるかは数値によってわかるため判断しやすのが大きな点です。そのためあまりにも数値が高いとこちらからはアクションを起こさず低い人を狙うため、2人で会える確率が上がります。

 

街コンの場合

わかりません。正直顔や話し方等で人気かどうか判断する必要があるのですが、実際に面と向かって会っている場合はどうしても美人の方に向かってしまいます。

この辺りの制御が必要なのですが中々できません。

③会話のラリーがゆっくり

ペアーズの場合

メッセージ上なので文章を読み考える時間があります。考えてから返信するため当然に良い文章で返信できアポイント確率も上がります。

 

街コンの場合

だいたい20分から30分程度の時間の中で会話をしなくてはいけなく、時間との勝負になります。また、相手の発言に対して素早く答えなくてはいけなく後で発言を後悔することが多々あります。

そもそも直接会話するので会話の組み立てなんて言っている場合ではないのですが・・・

 

④印象度の違い

ペアーズの場合

お互いメッセージをしながら相手のプロフィール確認ができるのでどのような人物か把握しやすく、メッセージが来るたびに写真がでるので印象にも残ります。それが毎日続くのです。

 

街コンの場合

20分から30分という短い間に印象を残さなくていけません。また街コンですのでたくさんのライバルも多くいて女性側も色々な男性と話すためどんな人がいたのかわからなくなってしまいます。

そのため、後日LINEを送っても返信が返ってこないです。

 

⑤話題の引き出し

ペアーズの場合

プロフィールをみることができるのでそこについて質問していけば話題には困りません。また、メッセージ上のやり取りなんて会話にしたら全部で1分程度にしかならないため、苦労しません

 

街コンの場合

プロフィールシートがある場所もありますが大抵はありません。また、仮にあったとしても書いている人は半々くらいなので、結果的に会話の中から情報を探っていくしかありません。

 

 図で比較してみる

f:id:tyonbo7:20161014230153p:plain

この場合ですとペアーズではマッチングしそうな相手を探しているので街コンに置き換えると人気がなさそうな人を探すことになります。大抵の女性は2人1組でくることが多いので、片方の人気のなさそうな方に狙いを定めていく必要があります。

 

f:id:tyonbo7:20161014230205p:plain

この場合は会話を重点に考えてみた図になります。メッセージの やり取りが街コンでいうと20分から30分の会話と想定しています。そのため、日頃からメッセージ内容をそのままセリフに置き換えて話していけば上手くいくのではっと考えました。 

f:id:tyonbo7:20161014230217p:plain

 

 この場合はペアーズ内のやり取りではなく実際にあった時の会話を街コンの会場で話す図になっています。確かに私は2次面接にいけないことが多いのでここの部分に当てはめて考えいくのが良いのかもしれません。

 

 まとめ

今回は比較しながら考察をしてみました。これらの考察から戦略を練るとしたら

①人気のありそうな人へアプローチはしない

②女性側がこちらをどのように評価しているのかを見極める必要がある

③20〜30分で女性側の情報とこちらの情報を伝えつつ親近感を持たせる

④印象に残すために何かしら工夫が必要

⑤時間が限られているので会話のテンプレを用意しておく

 

今回ではこれらが必要だと感じました。実際ここまで準備することは難しいですが、少しづつ意識して改善することで成果を出していきたいと思います。

 

現在、読者の方を募集しております。このブログを読んで面白いと感じてくれた方、気に入って頂いた方、応援してくださる方は下のボタンを押してもらえると嬉しいです

ーーーーーーーーー

ーーーーーーーーー