読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ターゲット・No,18〜2次面接編

ターゲット

f:id:tyonbo7:20161002000341j:plain

今回は1次面接時に次に繋げようと作戦を立て上手くいき、2次に来ることができました。

シルバーウィークもはさんであり少々不安でしたが何とかなりました。

当日までの出来事

1次面談からシルバーウィークというものが存在しました。大抵長期休暇があるとその時に切られてしまうことが多かったので不安でした。

更にこれだけではなく、ペアーズが見せなくなっていたのです。辞めたorブロックされた2つのどちらかなので嫌な予感しかありませんでした。

以前上手く行ったと思った案件がLINE&ペアーズ両方ブロックされてしまったので危険度大でした。

不安がありながらLINEを送ったら無事返信が来たので日程調整をして2次面接へ

合流から食事編

今回はカップル席に座りたいと思い、お店を予約しました。集合時間よりも30分後に予約をしたのは女性の方は基本的に少し遅れるはずと考えこの時間にしました

 

ですが、時間通りに到着 

私はまだたどり着いていない程で「少し遅れる」とLINEへ返信

少しの間離れたところでブラブラしていました。

約10分遅れの程で到着し合流。その後、予約したお店へ向かいました。信号待ちをしている時に

なんか前回と雰囲気変わった?

と前回を全く覚えていませんが、覚えていますよアピール。そしたら確かに前髪を少し切ったらしいです

正直全く気付きませんでしたが、結果オーライです。

お店に時間よりも10分ほど早く着きましたが、無事案内されカップル席に来たのでしがガラスが汚い・・・・・

せっかくのカップル席が台無しです。更に個室ではなく仕切りもない為、周りから丸見えのポジション。なんの為の席なんでしょう

 

 飲み放題のコース料理を予約した為、メニュー選びは今回は悩むことはなく会話の方に集中することができました。

最初は仕事の話をしつつ無難に場をほぐしていきます。その後は徐々に前回できなかった恋愛系の話に移行していきます。

まず何より疑問に感じていたペアーズの退会orブロック

女性曰く辞めたらしいです。突然辞めようと思って直ぐに退会したらしいですが、実際のところはわかりません。そこから派生させて、今まで何人の人と会ってどうだったか?を聞いて探りを入れていきます。

性格が合わなかったことや「いいね」をくれる人の年齢が40代もいた為嫌になったらしいです。

更に「前に付き合っていた人と別れた理由」「付き合って会うならどれくらいの頻度が良いか」など聞きそこから不満を聞き共感していくそぶりを見せてお相手の懐へ潜っていきます。

実はこの会話の間で思わぬ幸運が

女性は異常に手が冷たいらしく暑い時には自分の手で体を冷やすことがよくあるらしいのです。その話題を振られたら当然こちらとして手に触れます。

触れた勢いで握り、「どのような手の繋ぎ方が好きか?」を引き出すことに成功

 

これらの話を聞いていたら直ぐに時間になってしまったのでお店を出ることに

お店から解散まで

お店を出て駅まで向かいました。本当は2件目に誘いたかったのですが先ほど「3回会うまでは敬語が抜けない」と言っていたので無難に帰ることに

ですが、今回の目標の手を繋ぐことは諦めていません。

一生懸命手の甲を触れ合うように持って行ったのですが中々当たらず。手が冷たい話を再び振りその隙を見て手を握ることに成功

そのまま離さず、女性が乗る改札まで一緒に行くことができました。最初はスタンダードな繋ぎ方をしていたのですが、改札近くで指を絡ませた恋人繋ぎに強引に変更

約10分間という短い時間でしたが、今までにない最高の気分を味わうことができました。

かかった費用

約5000円

奢らされました。その為次に行くべきか悩みます

 

まとめ&総括

今回は帰り道手を繋ぐまで成功しました。初めての経験であり自分自身の成長が感じられました。

手をつないでいる時に息子が立ってしまい歩き方がぎこちなくなってしまい、その辺りが今後の不安になります。

師にそのことを相談したら、「俺も最初はそうだった」と返信が来たので男性最初は誰でも通る道ということを知り安心しました。

要は手を繋ぐことへなれる必要があることです

正直食事代を奢らされたので次に会いたい気持ちはないのですが、手を繋ぐイベントまで成功できたことは最終ゴールである童貞を卒業できる可能性も同時にある為、3回目に行くべきか悩ましいところになります

 

現在、読者の方を募集しております。このブログを読んで面白いと感じてくれた方、気に入って頂いた方、応援してくださる方は下のボタンを押してもらえると嬉しいです

ーーーーーーーーー

ーーーーーーーーー