読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ターゲット・No,17〜人生相談編

ターゲット

f:id:tyonbo7:20160917235536j:plain

 

今回のお相手は街コンではなくペアーズでもありません。詳しくは言えないのですが、とあるところで知り合ったアラフォー女性が今回の記事になります。

本来はこの人とはなるべく会いたくなかったのですが、童貞を卒業するためなら最終手段で筆下ろしをしてもらおうっと考えていたので一か八かの勝負に出るため今回アポイントしてみました。

 今回のお姉様の特徴

 ・未婚

何故か彼氏は途絶えないのに結婚はしていない

 ・よくナンパに出会う

→向こうは度々同じナンパ師から声をかけられることがあり、その人の声かけの成長がわかるのが面白いらしいです

・変なおじさんにも声をかけられる

→1例ですと「ストッキングを売ってくれ」と声をかけられたらしい。因みに金額が気になって尋ねたら5000円だったらしいです

アポイント当日居酒屋編

最初はお互いの仕事の話。現在忙しい職場であるため中々時間が取れない中今回会ってもらって申し訳ない限りです。

この人は以前から私に対して「出会いはあるか?」と聞いてくる人だったので、こちらから切り出すことはせず、仕事の話をしつつ出方を伺います。

職場の人たちの話から出会いの話に切り替わり、なんと向こうから「街コン」のワードが出てきました。

 

そこから街コンへ参加したことはあるが上手くいった試しがない(実際はこの時点で12回行ってますが)とい話から始まり、過去の恋愛話になりました。

ここで勝負に出てみて経験がないっと言ってみました。

 

そこから童貞にコンプレックがあり中々誘うことができないことや、このことを女性が知ったら引かれるのではないのか?など「童貞」というワードを武器に質問攻めにしてみました。

コンプレックスがあるので踏み込めないっといところを深く攻めていき必殺キーワード

「指導してください」

と言い放ってみましたが、綺麗にスルー。ですが以前の私ではありません。なんでダメなのかを色々聞いていき、理由を取り除いていけばきっと筆下ろししてもらえるはず

 

そう信じて、色々質問。どうやら若い頃はOKだったけれど今は少しでも愛がないと気持ち良くなれないらしいです。それどころか痛いらしいのです。

こちらは愛を求めているわけではないのでこの壁は超えることができない。

 

ならば、別の攻め方に変更し、実際の行為の内容を深堀。それでも上手くいきません。実はこの間に何度も筆下ろしのお願いをしました。

 

ならば胸は触りといと思い作戦を再び変更。行為の時に胸の触り方など詳しく聞いていき、気持ちい触り方や、男性陣がどんな触り方をしたか根堀り葉掘り質問攻め。

 

途中なぜがブラジャーの外し方を教えてもらいましたが、逸れた話を戻し触り方をジェスチャー。向こうが私の胸を触って指導するという全く意味のない指導を受け続けました。

それでも諦めず、今度は胸の柔らかさの質問。ここで服の上からなら触っていいと許可が下りたので、いざ初パイタッチ

以外と硬かったです

とりあえず最低限のノルマは達成できたので、後はモテない悩みを相談しつつ、隙があれば筆下ろし打診。

結果筆下ろしはできませんでしたが、色々な情報は入手できました。

・食事時のボディタッチは最初に醤油等を撮ってもらいその時に軽く触れてみる

・歩いている時はワザと手の甲を触れ合うようにして手をつなぐことを意識させていく

・対面席でのボディタッチは足を使って攻めていく

・基本女性には褒めちぎるぐらい褒めろ

・褒める時は細かい部分を褒めるのではなく全体の雰囲気を褒めろ

・ボディタッチが上手く行った時は店を出た時にこの後どうするっと聞いてみる

・次の日に予定があるか事前に聞いておく

・ラブホテルの大体の金額

・目を合わせて1秒以上見つめ合え

・笑いを取りに行くな

・ペニスの大きさはお互いに気持ちがあれば気にしない

・アポイントを取る時はギリギリはダメ(事前に予定を埋めている人が多い為)

・髪を撫でられることは女性は以外と良いと思っている

・手相を見たがる男性は基本やりたがってるだけ

 

まとめ&考察

残念ながらこのブログは卒業できませんでした。ですが今回は女性視点からのアドバイスをたくさん聞くことができ、その辺りは満足しております。

せっかくこのようなたくさんのアドバイスをいただくことができたので次に誰かと会う時は これらの知識を元に実践していきたいと思います。

 

現在、読者の方を募集しております。このブログを読んで面白いと感じてくれた方、気に入って頂いた方、応援してくださる方は下のボタンを押してもらえると嬉しいです

ーーーーーーーーー

ーーーーーーーーー