読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レポートNo,2〜師の街コン後

取材

f:id:tyonbo7:20160804224450j:plain

今回は以前に師と一緒に行った街コン

datsudoutei.hatenablog.com

こちらで師が唾をつけておいた女性と後日会ったということでそのことについて詳しく聞きに行くことにしました。

 

お昼を過ぎ日差しが体を照らす中、師が住んでいる駅ではなく別の駅に集合と言われました。集合場所は、とある商業施設であり室内だけではなく外にもお店が色々とあります。

既に現地入りしてるらしく珍しく待ってもらう立場です。

私が到着し、今いる場所を教えてもらいその周辺を探していると、サングラスをかけた男が登場

 

また、サングラスかよ

 

「今日は日差しが強いから必要」と言っていました。

 

とりあえず、昼間からビールを飲みつつインタビューを開始

 

街コンの戦略は?

基本的に聞くことに徹すること、そして弄るスタンスで行くこと。その上で茶化したり弄っていくこと。

この狙いとしてはお互いが楽しくなるし、距離も縮まる。その為次につながる可能性が高くなるとうメリットがある。

 

この為切り返しの技術が必要になる

 

これに同時にデメリットも存在する。チャラい男として見られる可能性も十分に考えられる。だか、これを利点ととらえ次に真面目なキャラに徹することによるギャップで攻めていく

 

2人で会った時に話し

某金曜日の夜

一次会

お互いに久しぶりに会う為緊張。今回は少し高めのお店になってしまったが本来であれば1人4000円以内には納めたい。

 

ますは仕事の話し。ここで悩みや気になっていることを聞き出していく必要がある。

また、悩みに対して

①共感を得ようとすること

②褒める 例:「えらい」とか

この二つを使っていくことが重要

 

その後

こんなに真面目でしっかり考えているのになんで彼氏いないの?』

このフレーズを使いその後は恋愛トークへ

ここでも恋愛の悩みを聞くことは忘れないようにしていく

 

恋愛トークの質問としては「どんな人がいいのか」

ここまできたら具体的に話してくれる。

例:優しい人なんてたくさんいるじゃん、でも俺は優しくないよ

ここで相手が「やさしいよ」って言ったら勝ちに近い

 

その後どこかのタイミングで次の予定を入れておく。これは非常に重要なことである

 

ここでも相手主導で聞くに徹することは忘れてはいけない

あとは基本的に雑談で大丈夫

 

店を出たら次の店へ誘導していく

ここの行く途中の間でボディタッチで相手の好意度を調べる

手をつなぐ

頭撫でる

方抱く

ここまでOK 

2次会

bar:大体2、3杯で1人4000円くらい。ここではもう結構酔っ払っているはず

会話内容としてはひたすら下ネタで後はいちゃいちゃしておく。

ここで重要なのは終電ギリギリがコツ

 

帰りのエレベーターでキス

降りてホテル街でグダ発生

その後帰りの電車近くで熱いキスをして乳を揉んで帰る

反省点

次の日がダイビングだったのでためらった。そのそぶりが相手に伝わってしまった。

 

ここまでが師の体験談でした再び質問します

1次会で帰る気でいる人は?

1次会で帰るそぶりを見せないのがベスト。次の店に無理やり行かせる

いかに1次会なかでこちらを優先されるように仕向けるかが大事

悩み相談の切り出し方?

『最近仕事忙しい?』

予想をしてそれに対して辛そうなことを聞く

いかに仕事が大変そうなことかを探っていく

同時にメリットも言っておく

『早く帰れる』とか

この辺はバランスらしいです

 意識していること

やれるかやれないか

基本自分のルーティーンホームグラウンドをごり押しすること

また、お店選びルートが重要

1次会は2時間ぐらい。時間は8時から10時までが理想。そしてどれだけ近ずいた状態で2件目に行きかが重要である。

最初は対面席。次がカウンター席

どうやら女性は主役になりたいらしいから

ルーティーンを決めるコツ?

店の雰囲気から決める

その後に1次会、2次回、最後と決めていく。挟むとしたら2次会と最後の間かな

下調べの時間は欲しい

 その他質問

どのような女性を狙うべきか?

年上の方が楽

自分のタイプによ 

1問1答の人は?

聞方次第ではいくらでも話させる方法がある。そこはスキル次第

オープンクエスチョンか?クローズクローズクエスチョンか?

支払いは?

お支払いは基本おごり

ダメだったら割り勘

2次会の可能性ありだったらこちらが出す

最後に一言

失敗は恐れずチャレンジすることが重要だと思う。俺もまだまだ甘ちゃんなので日々精進します。

 

現在、読者の方を募集しております。このブログを読んで面白いと感じてくれた方、気に入って頂いた方、応援してくださる方は下のボタンを押してもらえると嬉しいです

ーーーーーーーーー

ーーーーーーーーー