読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ターゲット・No,13〜1次面接編

f:id:tyonbo7:20160807144330j:plain

今回のお相手もペアーズになります。戦闘力が高い相手は初めてなので何時もとは違う緊張感があります。

Pairsメッセージ記録〜No,15 - 25歳~脱童貞への道のり

事前のメッセージはこちらの記事で書いています。

 スペック

体型=記載なしだが、写真を見た限りやや細め

Facebook=300人以上

戦闘力=当時は100以上でした

 正直最初に写真を見た時は戦闘力が見た目と反して低かったのでいいねしてマッチングしましたがメッセージしている中でどんどん戦闘力が上がって行きました

実際に会う時には戦闘力が550を超える大物になっておりどれほどの女性が来るのか期待と不安が入り混じりました。 

f:id:tyonbo7:20160731230518p:plain

これが戦闘力の証明です。お相手の個人情報を見せない為に黒く塗りつぶしましたがほぼ真っ黒ですね

当日からご対面

事前準備

今回はお昼の会う約束になりました。集合場所&面談場所は何度か訪れてはいるのですが、全然土地勘のない場所です。

そこで以前「自分の庭のような場所」と師が言っていたのでラインでオススメのお店を相談

 オススメの良い雰囲気のお店を3つ教えてくれました。

流石です。このおかげてお店に悩むことはなくなりました。感謝してます

 

当日

 早めに着いて店の下見をする予定でしたが、毎回のごとく時間ギリギリに起床

支度を済ませて電車に乗り込みました。外の天気は物凄く良く少し歩くだけで汗が出る状態でした。「ギャツビー アイスデオドラント」を持ち歩くべきでした

 

それでもなんとか集合場所に15分前に着いたのでタバコを1本吸いながらスマートフォンを見たらペアーズから1件の新着メッセージが来ていました。

 

どうやら今回のお相手が時間を間違えて30分遅れるのこと

助かりました。この30分間でお店の下見ができます。意外とわかりやすい場所にありあっさりと発見。元の集合場所へ戻ってもまだ10分以上時間がありました。

5分くらいお店で涼み、その後に待っていると10分くらいしたら前から歩いてお辞儀をしてくる人が現れました。

 

顔を見た結果、写真通り?なのかもしれません。ちょっとだけ写真のよりもdownかもしれません。「正直これで500クラスなのか」が一番の感想でした。

店を移動しながら仕事等の雑談。今回は道も迷わずすぐに着きました。

食事から終了

移動中にあまり喋らない人と少し感じていたのですが、殆ど喋らない人でした。(このような人ってスペグダされて怠くなっているだけでしょうか?)

メニュー選びから基本的に私が話し続ける感じです。質問に対して一言答えて終わり

中々会話が続かない・・・・・

 

雑談も続かなかったのでペアーズネタをねじ込む作戦に変更しました。

何人会ったのか?

何人かは会った

会った中でなんで次はなかったのか?

みんな良い人だったけれどフィーリングが合わなかった

 社内恋愛はしないのか?

みんな既婚者か学生の頃から付き合っている人がいる 

いつ頃始めたのか?

 6月くらい

戦闘力が高いがどう?

女性はみんなこんな感じだと思う

 

向こうが唯一してきた質問が

最後に別れたのいつ?

 

(‐”‐;)

童貞の私は別れた経験などない

適当に「大学卒業前くらいかな・・・・」と嘘を打ち込みました。

それと同時に同じ質問を返して触れさせないようにしました。

 向こうの返答は

「1ヶ月前」

随分直近だな・・・・そして別れる前に始めたのかよ

そのことも質問したら

「別れるのはわかってたから始めてみた」

女性は恐ろしいです

 

殆ど会話も続かず、向こうは手土産を百貨店で買いたいから帰ると言われました。

お会計は向こうは大きいのしかなく(おそらく作戦)こちらが全額払いました。

 

かかった費用

食事代2000円

完全にメシモク女にやられました

滞在時間は1時間半ほど、戦闘力が高い女は怖いです

 

まとめ

今回は向こうの空き時間でお昼をご馳走するお財布状態になってしまいました。何も話を振っても反応が薄く、お昼要因として駆り出された哀れな男になりました。

こちらも喋っていて徐々にイライラしてきたので術中にハマった結果です。

今回はランチでしたので被害は最小限でしたが、今後はこのような想定も考え慎重にお店選びをしていこうと思います。 

 

現在、読者の方を募集しております。このブログを読んで面白いと感じてくれた方、気に入って頂いた方、応援してくださる方は下のボタンを押してもらえると嬉しいです

ーーーーーーーーー

ーーーーーーーーー