読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダーツの席にいる隣の人への声かけ〜22歳看護学生

 

f:id:tyonbo7:20160811171005j:plain

今回初めてのカテゴリになります。

自分自身でもなんでこんなことができたのか思い返してみると不思議でに感じていますが、順序よく説明していきたいと思います。

 

 

 

某休日、お昼頃に「見事に振られた友人についての考察 - 25歳~脱童貞への道のり」でも登場した男にモテる男と6月の街コンの会議をしていました。

14時頃からカフェでどの街コンへ行くか決めていたのですが、中々良いものが決まらず決まった時にはすでに16時ぐらいでした。

 

会議が終わった後何をするかって話になりダーツをしに行きました。

基本的に我々2人の時はダーツをやるのですでにマイダーツは所持済み

 

2時間ほど投げ込みをして18時過ぎに解散しました。

丁度その時に休みが不定期な公務員からラインが来て

「今日は暇?」

と連絡が来ました。

 

こちらから電話をしてみると「いつものロリコンと一緒ではないのか?」

聞かれましたがあいにくこの日は一緒にいなかったが向こうも暇を持て余していたので駅前で合流

 

特にやることなくキーケースが欲しいとのことで買い物に付き合っていました。

彼は衝動買いをするタイプなので色々見ている中で欲しいものがたくさん出てきてしまい、これ以上見ていると終わらないので夕食をとることにしました。

 

彼が以前から気になっていたアメリカンなお店に行ったのですがそこの店員が可愛い

制服のスカートがまたいい味を出しています・・・・・

 

話を変えます

 

お店のメニューはやはり欧米系

ハンバーガーやお肉が中心であり、ハンバーガーも日本のように小さくはなく1つがとても大きいものでした。お酒も全く知らないものばかりでしたので彼のおすすめの飲みやすいお酒を注文しました。

ハンバーガーの味はとても美味しくボリュームもあり満足でした。しかし、注文したお酒が想像以上に強く飲みきるまでが大変でした。

逆に彼は店員さんからおすすめのお酒を教えてもらい注文した結果、とても美味しく何杯も飲んでいました。私も一口頂いたのですがとても飲みやすかった為に、すでに少し気持ちが悪いのに注文してしまいました。

 

結果的この注文が後々良かったのかもしれません。

 

自分はすぐにお酒を飲むと顔が赤くなりそのことで店員さんに話しかけられました。まぁ先ほどの女性の店員ではなく男性の店員だったのですが・・・

 

それでも、初対面の店員と仲良く話すことが出来き気分も高揚

 

店を出た後いつものロリコンからあと30分で着くとの連絡がありそれまで時間を潰すことに

 

30分程度ならダーツでもするかって話になり、16時過ぎに行った店とは違う場所で遊ぶことにしました。

 

店で説明を受けたあと、所定の位置について遊んでいました。最初は隣には誰もいなかった為、気楽に騒ぎながら投げていました。がしばらくすると女性の2人組がきました。

普段出会ったら「ラッキー」と思うだけで終わるですが

 

やたら目が合う&微笑む

それでも、こちらは2人で遊んでいましたがお酒が回っていたことと先ほど店員と話して盛り上がったことで、なんと自分から話しかけてしまいました。

 

最初は「普段ダーツはするのですか?」

から始まり色々聞き出すことに成功

 

相手のスペック

23歳社会人:初めてダーツをする。身長が小さく小柄、肌が白くて綺麗

22歳看護学生:社会人と比べて身長がそこそこ高く、笑顔が素晴らしい。そしてなにより、白のブラウスにスラックスでオフィスカジュアル的な格好であり胸が大きい。ブラウスの間から見えそう

 

 

基本的にこちらから話しかけて会話が終わったらダーツを投げていく形でしたがたまに向こうからも話しかけてきました。

特に向こうからは「どうやったらまっすぐ聞くんですか?」

と聞かれ初めてダーツやって良かったと思いました。

 

向こうは30分ほどで帰ろうとしていたので、思い切ってラインを教えてと打診したのですが、「次に会う機会があったら」とかわされてしまいました。

 

ここでは

「今度は4人でやりましょう」

「その為にラインを教えて」

という順序で話していけば良かったと反省

 

 

まとめ

今回は酒が弱いにも関わらず飲んでしまったことと、初対面の店員と話す機会があり、気分が高揚しその勢いで声かけができたと思います。

 

自分自身こんなことは初めてだったので終わってみたらよくやったなーってのが感想です。

今後はこのようなことはないと思いますが、今回の失敗も反省材料として次に生かしていきたいと考えています。

 

現在、読者の方を募集しております。このブログを読んで面白いと感じてくれた方、気に入って頂いた方、応援してくださる方は下のボタンを押してもらえると嬉しいです

ーーーーーーーーー

ーーーーーーーーー