読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

街コン考察

考察

f:id:tyonbo7:20170115193538j:plain 

今回は今まで毎月のように行っている街コンについて感じたことや思っていること考えなどを書き出していき自分なりに考察をしていきたいと思います。 

街コンに来る女性の目的とは?

 

下は20歳から上は30歳以上と自分の中では幅広くの女性と街コンで出会いました。

その中で街コンへ来た理由も様々です。

 

・出会いを求めて

・仕事終わりに時間があったから

・社会勉強のため

・息抜き

・夜一人で寂しいから

・1度は行ってみたかった

 

あくまでも恋人作りではなくその場を楽しみたい人が多くの割合を占めています。

また、1度は聞いたことがあり実際に来て見て今後の話のネタにしていくような人も何にかいました。

 

正直、恋人はついでって感じかしております。

 

 

 

カップリングについて

街コンでよくあるカップリング形式の街コン

お互い良いと思った人の番号を記入しマッチングすればカップル成立します。

ここで男女の差が大きく出ると思います。

 

男性の場合は高い料金を払っているので当然カップリングしたいはずなので、希望候補を全て埋める人は多いはずです。

 

しかし、女性の場合は違うと考えます。

料金は基本的に3000円以下が相場であり、普通の居酒屋と使った金額は変わりません。以前、寂しいからっという理由で来た女性がいたように、お酒を飲んでついでに自分のタイプがいたらラッキー程度で来ている人が多いはずです。

 

某掲示板でカップリングした人がデートしたが「第3希望だった」と言われ2回目のデートを拒否されたように自分もタイプの男性がいなかった場合は実は何にも書かずに提出する場合もあるかもしれません

また、自分が行った街コンでもせっかくカップリングが成功しても連絡先の交換もせずにすぐに帰ってしまう事例もあったので、タイプの男性がいなかった場合は1人だけとりあえず書いておくor何も書かない現象が起きているのかもしれません。

 

料金について

前に少し触れましたが男性は女性のおおよそ2倍の値段になります。

男性陣は1回分の値段で女性は2回行くことができます。更に「街コンジャパン」かではなく運営会社のホームページから申し込めば更に安いです。

 

何が言いたいかというと男性陣との温度差があるっということです。

男性陣は多少タイプの女性ではなくても声をかけたりするのに対して女性陣はいなかった場合はその回を捨ててまた申し込むことに対して躊躇いがないのです。

 

自分のタイプの男性と出会うまで何回か申し込んでもそこまでの出費にはなりません。そのため1回にかける思いというものが違います。

 

友達同士できた人を狙うべきか1人を狙うべきか

 少なくとも複数で来た人よりも可能性が高いとは思います。友達同士でしたどちらかの付き添いの場合が大半です。

現に私も街コンに友達同士来た女性の片方と後日実際に会うことができたことがありましたがその時に言われたのが

「1回ぐらいは食事してもいいかなっと思った」

「街コンは◯◯が彼欲しいって言っていたので一緒に来た

と言われたのでそこまで本気ではないのが殆どです。

 

これに対して1人の場合は理由はどうあれ自分の意思で来てることになり、モチベーションも多少なりとも違うはずです。

 

狙うなら1人が良いかもしれませんが、複数の場合はどちらが本気なのかも見極めが出来れば優位に進めていくことができるはずです

 

 

男性陣はどうすべきなのか

 女性陣に選ばれるようになるしかありません。

カップリングでは成立しても相手が本当に良いと思っているのか?やとりあえず交換していくスタイルの街コンでは相手の食いつきが良い人を攻めていくしかないようです。

 

いくらこちらが良いと思っても向こうは少しでも気に食わない何かがあったら切って次に行けば良いのですから

出費もそこまでかからないですし、こうのようなイベントでは男性から来てくれるのでその中から自分のタイプを選別していくだけですので

 

当然に自分を魅力的に見せて振り向いてくれるように努力をしていくのが男性陣は1番大切なことだとは思うのですが、それでも顔や声は変えることはできませんし、体型や職業もすぐに変化はできません。

 

一番簡単なことは自分のことに気がある女性に出会うまで行き続けるしないのですかね?

 

そして、女性の料金が高い街コンへいくほどやはり女性陣の方も本気度が上がるのではないでしょうか?

こんだけ高い金額を払っているので勿体無いっという心理が働くのでそこをついていけばまだチャンスはあるかと思います。

 

今後も色々と考えなら出陣していきたいと思います。 

 

現在、読者の方を募集しております。このブログを読んで面白いと感じてくれた方、気に入って頂いた方、応援してくださる方は下のボタンを押してもらえると嬉しいです

ーーーーーーーーー

ーーーーーーーーー