読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ターゲット・No,4〜1次面接編

f:id:tyonbo7:20170115174450j:plain

 今回はペアーズでアポ取りが成功した初めてのお相手です。

初めてから約1ヶ月ちょっと、中々会うまではいきませんでしたがついに会うことができました。

今回会うまでのメッセージのやり取りはこちらの記事で

Pairsメッセージ記録〜No,6 - 25歳~脱童貞への道のり

 

スペック

 

簡単に復習

 

体型=普通。写真は肩から上の写真だけしかなく顔を見る限り太ってはいない

顔=普通だとおもう。平均的な顔のように見える

Facebook=50人以下と少なめ。最初は無料いいねでマッチングしたため、こちらの戦闘力を上げる存在としか見ていなかったので特に気にせず

戦闘力=マッチング時は30程度だった気がしますが、気づいたら200以上の強敵

 

戦闘力が200以上のため期待大。初めてなのにこの強さで私は戦えるのでしょか?

 

前日

 

朝起きて明日会う約束をしていたにもかかわらず、何の準備もしていませんでした。

今回の舞台はなんと横浜。いつも都内の為、未開地

まぁ相手が職場、住んでいるところがそちらなので大丈夫だろうっと思っていたのですが・・・・・

横浜詳しくないので案内してください」といってきたのでヤバい

 

本屋が開店と同時に急いで「まっぷる 超詳細! 横浜さんぽ地図 mini (まっぷるマガジン) 」と「横浜ウォーカー」を購入し、カフェでネットと両立しながら色々調べていました。

 

日にち、会う場所は決まっていたのですが、時間は決めていませんでした。また、返信も2日間ほどしていなかったので、会話の続きとついでに時間は指定して返信

 

会話の返信とライン打診が来ました。

時間指定の返信はどうなった?と読んでいる方は思いますが後で書きます

 

その後ラインへ移行

 

ライン上では軽く挨拶程度でした。自分も指定した時間で大丈夫なのかわからず、夜になるにつれてだんだんと明日は会えないのではないかと思い始めました。

 

最近ハマっている「ドラゴンボール」を見て待っていたのですが0時を過ぎても反応なし

もしかして、メッセージ上に書いてあったのかな?となんとなく見てみたら

 

大丈夫ですー!

 

ん ?

 

大丈夫

 

大丈夫

 

なんだと、ちゃっかりOK文字があった

 

こちらはほぼ諦めていたので途中からプランを何も練ってないぞ

 

諦めて朝早く起き、そこから計画を練ることにしました

 

当日〜面談前まで

 

AM6:30起床

 

会社行くときですら中々起きれずギリギリに起きるのにこの日ばかりは全力起床

 

人間切羽詰まると何とかなるもんです

 

 

そこから、ゆっくりと本日の計画を練りつつ、ペアーズを開き別のお相手たちに返信を行いつつ、支度をして集合30分前に着くように家を出発

 

持ち物はドタキャンされた時に何もせずに帰るのは余りにももったいない為ブログ更新の為に「MacBook」と「まっぷる 超詳細! 横浜さんぽ地図 mini (まっぷるマガジン) 」を持って準備完了。思った以上に大荷物

 

 

いざ出陣

 

街コンに行き時とはまた違う緊張感が私を包み込みます。

GWなので電車は混んでいました。

 

今回の面接相手のプロフィールと今までのメッセージ内容を確認して勉強

 

そして思ったことが、私と趣味が全く合わない

 

どうしよう、何を話せばいいんだ・・・・

 

 

もうでたと勝負にかける為、ペアーズでライン移行したもう一人のお相手に返信し横浜に着くまで耐えていました

 

横浜到着

 

予定どうり30分前に着きました

 

 

さて、ここでやることは行きそうな場所の下見

私は基本的に下見をすることを怠りません。就活時でもそうでした

 

色々回っているとすぐに時間が立ち駅の改札前で待っていました。

 

この時考えていたことはスペックグダ(通称スペグダ:ネトナンブログではよく使われている言葉)を恐れていました。

 

自分は写真とあまり変わらないので大丈夫だと信じていますが、やはり向こうから見えてる写真と実物にはどうしてもズレがあります。

 

「5分前に改札の前にいます」

と送ると

「私もいます」

と返信が

「どの辺にいますか?」

と送ると

「◯◯の近く

と返信が来ました。よく見てみるとその辺りに今回のお相手っぽい人が

2歩ほど進んで不安になり5歩後退

再び

◯の服の人ですか?

と聞くとそうらしい。やはりあの人でしたが

ご対面からのデート編

 

初めましての挨拶をして

 

スペグダ・・・・・・しました(笑)

 

なんだろう・・・・写真の顔や体型と違いはないのですが、一回り下がった感じ

そして、肌が汚い。偏差値45という言葉がよく似合う人でした

 

まずは今回に行く店の説明をしながら色々質問していく

しかし、なんか反応が悪い

詳しく聞いてみると前日まで仕事があったらしく帰りも遅かったらしいです。なるほど、向こうもスペグダして面倒になったのかと思っていましたが(実際はスペグダされていたかもしれませんが)

 

逆に今日はよくドタキャンせずに来てくれたと感謝するしかありません

 

店に到着

 

店に入ってからも反応が悪いっというようりもこちらの顔を一切見ない・・・常に斜めを向いたり、下を向いている

 

少しはこっちを見ろよ

 

っと思いました。

会話することはペアーズのメッセージ上でかなり行っていた為基本的なことは聞くことがない

我が師ほどではないのですが、突っ込んで色々質問してみました

 

「ペアーズの人と今まで会ったことがあるのか?」

「もし会ったならどんな人たちだったのか?」

などペアーズのことを聞くことに

 

2、3人と会ったことがある

 

友達として接していく人たちだったので、こちらの友達、向こうの友達を含め複数で遊んだ

 

など情報を得ることが出来ました。

 

本当はさらに踏み込んで

「なんでペアーズに登録したのか?」

「今まで彼氏はどんな人だったのか?」

 

を聞きたかったのでが、勇気がなく聞けませんでした・・・・

 

師匠・・・私は、まだまだ未熟です

 

 

それでも会社の規模を聞いて社内恋愛は難しいという情報は得ることに成功しました。

 

 

 

食事中に山下公園の話が出たので、食事が終わってから一駅前に駅に降りてのんびり散歩をしながら山下公園を目指すという予定が決まりました。

 

 

食事が終わり、出発

 

電車に乗り着くのを待っていましたが、ここでも顔を合わせて貰えず

 

 駅に着いた時に「トイレに行きたいけど大丈夫?」

と聞きました。「女性はトイレに行きたい」とは言い難い知っていたのでここで数少ない知識を駆使して気遣いのある男性を演出します

 

 

私は本当にトイレに行きたかったのには他の理由もあるのです。

 

そう持ってきた「まっぷる 超詳細! 横浜さんぽ地図 mini (まっぷるマガジン) 」でルートを確認する為です

 

持ってきてよかった

 

備えあれば憂いなしですね。正直、山下公園に行くなんて最初の計画にはありませんでしたから

 

のんびり散歩をしながら山下公園を目指すことにしました

この日は特に暑く正直そんなに長い距離を歩くのが大変な気がしました

ですが

 

途中迷子になりました

 

それでもなんと着きました。

 

 

 山下公園から終わりまで

 

 日差しが強い、人が多すぎ、カップル多い、ベンチに座りたい

 

ほぼ文句です

 

日差しが強い中、何とか空いているベンチを発見。横並びに座りのんびりしていたのでしが、やっぱり日差しが強い・・・・・暑すぎなんですけど

 

流石に長時間座ることもできず、「日本郵船氷川丸」を見学することにしました

日本郵船歴史博物館・日本郵船氷川丸

 

船内順路通りに見学していく我々。自分が何とか会話を繋ぎつつその場を凌いでいきます。

 

船のデッキにまでたどり着き横浜の海を見ながらお互いに無言

 

私は横顔のターゲットを見て妥協すべきか凄く悩んでいました。何よりの懸念材料は私の方がイマイチ興味がないっという事実です

 

向こうが殆ど話してこないこともそうですし、顔もイマイチタイプではない

そして胸が同情するほどちっちゃい

 

そんなことを考えながらデッキの上で心地よい風を受けながら考えていました(正直考えることがよろしくないですね・・・・)

 

もうこれ以上一緒にいてもこちらの身が持ちそうにないので、カフェで休憩した後解散しました。

 

一応「次は仕事終わりに会おう」とは言いましたが、私も向こうも乗り気であるかは武妙です

 

駅で解散し今回の面接は終了しました。

 

 

今回かかった費用

 

ランチ代=約1500円

日本郵便氷川丸=600円

カフェ代=約1000円

 

 

まとめ&反省

 

 初めてペアーズで会った女性でしたが、実際に何を話せば良いかさっぱりわかりません

街コンは短い時間で物足りなさを感じることがある時も出てきますが、面接の方は時間が自由です。切り上げ方等も上手に切り出して行く方法も学びたいと思います。

 

どのように切り出して、どのように心を開かせていけば良いかが難しく打ち解け方の勉強の必要性を感じました。

 

 

そして「戦闘力の高さ=可愛いor美人」ではないことを何となくは理解はしていましたが、いきなり実体験するとは思いませんでした。

 

次は会うのかな・・・・・ 

 

現在、読者の方を募集しております。このブログを読んで面白いと感じてくれた方、気に入って頂いた方、応援してくださる方は下のボタンを押してもらえると嬉しいです

ーーーーーーーーー

ーーーーーーーーー