読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見事に振られた友人についての考察

f:id:tyonbo7:20160809233726j:plain

 

先日友人が告白をしましたが、振られてしまいました。この報告を聞いた我々はとあるカフェで本人がいないにもかかわらず、なぜ振られたのか?ついて議論していました。

 

今回はそのことについて書いていきたいとおもいます。

 

 

 

登場人物

 

私=街コンでLINE交換するもひたすらブロックされ続け合計が30人を超えてきそう

 

S=ストライクゾーンはギリギリ小学生までと、天性の変態。ただ、ペアーズでマッチングした女性と会ってどこか余裕を見せている(ここではロリコンと呼ぶ)

 

Y=今回振られた主人公?昔から男性には人気が高いが女性からの人気はない

 

I=以前ブログでも登場した自称女性ソムリエ。実際に会って話していないが、話題で登場した為、今回勝手に登場(ここでは女性ソムリエと呼ぶ)

 

 

Y氏の今回の流れ

 

今回の主人公であるYは「第2回街コン - 25歳~脱童貞への道のり」で女性とマッチングした相手となります。

お互い共通の好きなことがあり、LINEを交換して連絡を取り合っていました。

 

最初は仕事終わりの食事で鍋物を食べたらしいです。

その時に次のデートの約束をし、順調にことを進める。

 

お互い休日が重なる機会がなく次の約束まで約1ヶ月ほどの期間が

(主人公の休日は土日なのですが、お相手はサービス業。あまり土日休みが取れず、また忙しい時期だった為さらに厳しい状況)

 

主人公の彼は日頃からよく会う関係であり(実際この記事を書いてる時目の前にいます)中々会えないもどかしさに不安を抱いていました。

 

私と、ロリコンは「余裕っしょ」と軽く受け流していました。(実際お相手の女性は29歳ということもあり、結婚も考えている歳のはずなので付き合う確率は高いと見ていました。)

 

実はこれだけではなくさらにこの主人公にはサプライズが

 

なんと突然電話がかかってきたのです

 

向こうは家でお酒を1人で飲んでいたらしくて突然電話してきたのこと

これはもう勝ったも同然

 

そのような話をみんなでしながら、

「主人公は次のデートで告白をする」

と我々に宣言してきました。

正直、ここまで、順調ならゴールも同然なので、あとは祝福パーティーをするだけ

 

告白するデートの当日

某都内で待ち合わせをして色々周ったらしいです。(その辺りの話はよく聞いていません)

そして最後に勇気を振り絞って告白

当然OKの返事が来ると誰もが思っていたのですが

 

「ちょっと考えさせてほしい」

 

と返事が。相手の言い分だと

「まだ、知り合ってから早い気がする」

とのこと

 

告白の前に次のデートの約束をしていたので、それまでには答えを出すとのこと

 

その話を聞いた我々は驚きを隠せませんでした。

なぜなら、今までの流れがあるからです。

 

その後、数日経ってから1通のラインが来そうです。

その内容が長文で断りの文章

主人公曰く

「悩み抜いて出した答えの文章だったから仕方ない」

今回は諦めるそうです。

 

こうして彼のささやかな恋は終わりを迎えました

 

我々の考察

 

数日後、私とロリコンはカフェでのんびりしていまた。

そこで今回の振られた話になり、なぜ今回の主人公が振られたのか?

についてお互い考えていたらしく、語りました。

 

ロリコンの方の主張は

 

告白のタイミングが早すぎたのではないか?

 

以前、みんなでときメモのゲームをやったのですが、そこでは遊園地や水族館など、様々なデートを重ね最後に告白をしていくっと長いスパンの恋愛シュミレーションでーむでした。

 

その為、今回の告白は早すぎたのではないか?

というのが考えらしいです。

 

この話を聞いて私が思ったのは女性ソムリエも同様に街コンで知り合った女性と3回目のデートで告白して付き合い始めたことです。

 

彼も実際にあった回数は少ないです。しかし、最初に水族館デートだったらしいです。

その後のデートは知りません。

 

女性ソムリエも言っていましたが

「最初のデートで思いっきりガチなデートで勝負した方が結果的には良かったのかもしれない」

 

最初から勝負に出たこともあり、向こうにも恋愛感情が生まれ成功した可能性も否定できません

 

今回のロリコンの言い分も正しい正しいような気がします。

 

私の言い分は

「食べ方」

ここに気になりました。

実際我々は会う頻度が多いのであまり気にしませんが、初対面ですと、細かいところが余計に目立ってしまいます。

 

私はここが問題だったと思っていましたがロリコン曰く

「もう全体的にだらしないからしょうがない」

とのこと

 

それは否定しません

 

こうして我々の議論も終わりました。

 

まとめ

 

今回は主人公は失敗で終わってしまいましたが、我々を含め多くのことを学ぶことができました。

 

今後もこの出来事を生かしてまずはデートに行くことを目標に活動を続けていきます。

 

現在、読者の方を募集しております。このブログを読んで面白いと感じてくれた方、気に入って頂いた方、応援してくださる方は下のボタンを押してもらえると嬉しいです

ーーーーーーーーー

ーーーーーーーーー