読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LINEの返信内容~建前と本音

考察

f:id:tyonbo7:20160804204842j:plain

今回は前回行った第一回街コンのLINEやり取りについて書かせていただきます。

私自身テンプレを調べつつ当たり障りないやり取りを数回?続けました。

 

 

 

簡単なおさらい

 

 

6人のラインを入手し、全員に返信

の中で5人から返信が来たため、不安になりながらも頑張ってやり取りを続ける

ですが、不安が募り助けを求めてとある友人に連絡をしました。

 

内容

A=小売店の人:街コンの感想を入れた返信

B=事務系の人:一番早く返信が来て疑問文

C=事務系の人:会話した内容+「食事でも」というテンプレ文

D=接客業  :1番目よりも少し後に来返信が来たが早かった+疑問文

E=メーカー :お礼文のみ

F=営業事務 :返信なし

 

 

 

友人の簡単なプロフィール

 

 

この友人はなんと街コンで彼女を手に入れたお方

高校、大学、アルバイト先では女性が多い環境にいた為、女性友達が多く(自称)又、理想がとても高い。

そのため女性ソムリエと我々は呼んでいる(彼もまた童貞である)

女性ソムリエを地元のカフェに呼び出し

 

 

合流

 

 

20時半過ぎ駅で集合

 互いに自分の近況を話しつつカフェに移動しお互いココアを注文

席に座ったところで本題へ

 

自分の現状と悩んでいることを説明

箇条書きにすると以下の通り

・LINEを全員に送信した

・建前の文章と本気の文章の違いがわからない

・街コンで成功した人の意見を聞きたい

 

簡単に書くとこの3つである

 

LINEを全員に送信した

 

最初にも書きましたが

 

内容

A=小売店の人:街コンの感想を入れた返信

B=事務系の人:一番早く返信が来て疑問文

C=事務系の人:会話した内容+「食事でも」というテンプレ文

D=接客業  :1番目よりも少し後に来返信が来たが早かった+疑問文

E=メーカー :お礼文のみ

F=営業事務 :返信なし

 

この中で続けたのは

 

B,C,Dの三人

 

逆に続けなかったのはA,E,Fの三人になります。

理由は

A=返信が遅かったことと(これは普段なら気にならないが他の3人が早かったから返信するのが面倒になった)

E=会話を続ける気がなさそうなお礼文

F=そもそも返信なし

 

 ここから一人ずつ説明します

 

B

この人は返信がとても速かったです。

最初は街コンの感想を入れつつ質問を投げかけてきて、何通か返信し合って最後には今度飲みましょう!と締めてきました。

 

 

C

この人はお礼を送った返信にたいして「今度また食事をしたなぁ」と送ってきた人その後2回ほどやり取りをしてこちらから終了

 

 

D

この人は現時点でもLINEが続いている人。未だに街コンの感想などをお互いに返信し合っており、最後はどうなるかわからず

 

簡潔に書きましたが、こんな感じです。

建前の文章と本気の文章の違いがわからない

 

こちらは「今度飲みましょう」や、「食事でもしましょう」など返信されるこちらも「そうですね」としか返せず、LINEの会話を切り上げる決まり文句に感じて仕方ありません。

また建前で一応書いただけとも感じ取れるためこちらとしてはどうすれば良いか分かりませんでした。

 

これらのことを女性ソムリエに相談すると

 

 「建前かもしれない。でも会うことはできる。街コンという短期間ではほとんど相手のことを知ることができないんだから次に会って向こうも建前で終わるか、その気になるか決めるんだよ」

 

というお言葉をいただきました。

 

そしてこうも続けました

 

「俺の今の彼女も最初は建前だったと思うよ。LINEの返信も1日後い来るし、文章も2,3行。でもデートしてから向こうの対応が変化したからそんなもんだよ」

 

と続けました。

 

私自身、なるほどっと思い参考にさせてもらいました 

 

 

街コンで成功した人の意見を聞きたい

 

女性ソムリエは2回の街コンで彼女をゲット

その人の意見がぜひ聞きたいと思い今回会っています。

彼も彼女が出来たとはいえ未だ童貞であり、初めての彼女

 

彼が言うには

「おれも一緒にいて楽しくないし、いつまで続けるかわからない。お互い建前でとりあえず付き合ってる感じだし、こんな感じの出会いでは本気で好きになれるわけがない。これは本気の恋愛するための研究対象として見ている」

 

と金言をもらいました。

私は今回デートしたり付き合ったりするのを「練習相手」と呼んでいたが彼はさらに上を行く「研究対象」 と言い放ちました。

流石理系出身だけあって凄い言い回しです。

 

こうして今回の相談は終わりました。

 

 

 

まとめ

 

私自身練習相手として頑張っているので軽い感じで進むべきだと思い知らせました。

 

 そのためこれから私がすべきことは

 

B,Cを食事に誘ってみる

 

 ということです。

そもそも

 

ダメでも練習行くことになってもそこでも練習相手になるので、深く考えないようにします。

 

不安で辞めたくなりそうですが何事も勇気を出してチャレンジしてみます。 

 

現在、読者の方を募集しております。このブログを読んで面白いと感じてくれた方、気に入って頂いた方、応援してくださる方は下のボタンを押してもらえると嬉しいです

ーーーーーーーーー

ーーーーーーーーー