読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

付き合うまでの流れとは

f:id:tyonbo7:20160807135914j:plain

私は今まで生まれてから25年間、女性とお付き合いしたことがありません。

 

そのため、付き合うまでの手順というものがよくわからなく、中々行動に移せません。

この年になってデートもしたことがなく実際に本番でスマートな対応が出来なくて、振られるのが目に見えています。

 

なのでデート&告白までの手順を考えていきたいと思います。

 

 

付き合うまでの流れ

 

 

今回はゴールからたどって行って考えていきます。

 

告白してOKをもらう

デートをする

デートの約束をする

約束をするために連絡手段を聞く

連絡手段を聞けるまで仲良くなる

知り合う

 

 

こんな感じなんですかね?

未知の領域のため完全なる妄想で作ってみました。

 

 

①知り合う

 

これは以前の記事で書いた「初めに」に書かせていただいたのですが、私の候補としては

Ⅰ、街コン

Ⅱ、会社関連

の二つを軸にして活動していきたいと思います。

 

連絡手段を聞けるまで仲良くなる

 

 

こちらから自分にとってハードルが高くなっていきます。

 

 

会社関連

日々顔を合わせることが多く?実は私の会社移動が多いため1,2回しか会ったことがない人も多いですが、まだ接する機会が多いと思いますので心理学の本などによく書かれている《単純接触回数》の理論によりチャンスが多いと思いました。

 

 

街コン

こちらは1回だけの勝負となりかなり厳しい戦いとなってしまいます。ですが次で書くのですが、連絡先の交換はこちらの方が簡単な気がしますので頑張って行きたいと思います。

 

約束をするために連絡手段を聞く

 

 

ここからは自分で言ったことがないため未知の領域になります

 

 

 会社関連

こちらは業務上関わることがない人たちからどうやって聞き出すか考えていきたいと思います。

 

単純に

「LINE教えて」と言えばよいのでしょうか?小心者の私としてはスムーズに言えるとは到底思いません。

何かしら理由をつけて聞き出すにも業務が違い交換する理由が見つかりせん。

なので、何気ない雑談をしている時に勇気を振り絞って言ってみようと頑張ってみます。

 

 

街コン

こちらは交換するだけなら簡単な気がします。街コンの主催者が終了時間が迫ってくると「LINE等の交換は早めにお願いします」というところもある為、流れに身を任せて交換できると安易な考えを持っています。

こんな楽天的な考えだからダメなんですね・・・・・

 

デートの約束をする

 

 

 LINE等でつながったらアポイントになります。

私は人と連絡を取り合うことがものすごい苦手であり以前知り合いの女性から

 

「LINEの返信が冷たくて続けたくないのかと思った」

 

と言われた実績を持っています。男友達にはある意味話のネタとしては盛り上がります

 

このような実績がある為、特に文章は注意して考えなくてはせっかくつながったのにダメになってしまいます。

 

ですが、他の人達の会話内容なんて見たこともないので、どのように書いていけばいいのかよくわからない状態です。

なので、たくさんの人と連絡手段を交換して手探りで良い方法を考えていきたいと思います。

 

 

デートをする

 

 

 

もし運よくここまでたどり着いてもさらなる難関があります。

何度も書きますが25歳にして女性と二人でデート経験もない・童貞のため

・どこに行けばよいか

・何時間ぐらいすればよいのか

・終わりの切り出し方

 

などわからないことが多すぎてな何から調べていいか分かりません

 

また、かなりの偏食であり、飲食店にも全く興味がないので、(実際1週間同じコンビニのおにぎりや、ひたすら松屋で昼食をとっていた経験あり)お勧めの店もわからず、デートで実際に言ったらあまりおいしくないとなってしまったら、もう終わりです。

 

これらの対策のために雑誌などの購入も考えています。

 

 

終わりに

 

最後の告白までは書きませんでしたが(ここまでたどり着けるまでどれぐらいの月日がかかるか考えただけで、果てしないため)人と付き合うって大変だなっと感じました。

 

早いところLINEのサブアカを作りたくさんの人たちと交換してトークの練習をしていきたいと思います。

 

あと、雑誌も買います。

 

現在、読者の方を募集しております。このブログを読んで面白いと感じてくれた方、気に入って頂いた方、応援してくださる方は下のボタンを押してもらえると嬉しいです

ーーーーーーーーー

ーーーーーーーーー